FC2ブログ
~僕らは心の手を繋ぎながら生きているんだ~
ぴあEX 8/1号
2010-06-23 Wed 20:49
かなりイイっ

絶対読むべし!
買うべし!!(笑)


5人の秘めた想いに迫る
KAT-TUN
静かなる情熱




5人のそれぞれの想い。
目頭が熱く、涙ポロリ。
誰のところでじゃなくって、5人それぞれのを読んで。

じんわり沁みた。

それぞれが言ってることに「うんうん」とうなずき、
まさにその通りだと思った。

それぞれが思ったとおりのメンバーで
思ってたとおりの亀ちゃんだった。


亀ちゃんの考えも思ってた通りだし、ブレてない。
その考えと想いを持ちつつ
これからも大きく進んで欲しいと思うな。


『それぞれがちゃんとグループに向き合っていく気持ちが大事だなって話は5人でします。
KAT-TUNっていうグループをいかに大きくしなきゃいけないか。
グループに迷惑をかけないか。
KAT-TUNがなきゃ、俺は亀梨和也じゃいられない。
その自覚をした4年でもある。』



涙出てくるぅ~。

まさにそれだよね!って言いたくなる。

本当に・・・

大好きだよ。

4年で大きく成長してる。
アイドルとしても、人としても。




その後の淳之介も意外と言っちゃ~失礼ですが…(笑)
ジーンっときてしまったよ。
『アイドルの苦労?ないよ。むしろ幸せすぎるくらい』

嬉しい言葉だよね。
幸せだけじゃ終わらない。
幸せすぎるくらいだと。
シンプルで1番グッときたかもしれない。



『俺はひとりでもKAT-TUNやっていたいと思う。
KAT-TUNがあって俺がいるってわかってるから。』


聖の熱い決意とKAT-TUNへを大切に思う熱い想いに涙涙だよ。


『最近、全員が同じゴールに向かってるのがわかる(竜)』


『ちょっと落ち着きたい。落ち着いていいと思います。(笑)
安心して応援してもらえるようなグループになるべきだと思いますね。』


考えながら、振り返りながら話してる感じのゆっちの言葉。
私もちょっと落ち着きたいな~なんて思ってたから(笑)、
うなずくばかりの言葉の数々でした。
ゆっちも「いい意味でも悪い意味でも」って言ってるけど、
その通りなんだよね。
色々あるから考えることができるし、
逆に何もなかったら・・・
どうなんだろうね。
それもわからないけど…

背負ってる重みが全然違うだろうけど、
同じペースで進んでるなって感じはする。



今さら「アイドルとは・・・」とは思うけど。
5人それぞれがちゃんとグループでいる意味を分かってるんだよね。
だからこそ力強い。

そういう言葉をたくさん欲しいわけじゃないけど、
こうやって5人それぞれが真剣に向き合って
語られてしまうとやっぱりグッとくるね。


KAT-TUNがあっての個人。
個人で活躍するのもいい。
たくさん輝いてほしいと思う。
けど・・・

KAT-TUNという場所を絶対に忘れて欲しくない。
そういう思いをちゃんと感じとれるのは
KAT-TUNファンとして嬉しく思う。




真剣で熱く、深く・・・

そんな5人がカッコいいと思うし、
誇りに思う。


心に沁みる・・・


KAT-TUNが幸せでいてくれることが
私の幸せ。


KAT-TUNの「-」でいれるように。
これからもずっと応援するよ。










押してくれたら嬉しいです^^

ジャニーズブログランキング











別窓 | 雑誌 | コメント:0 | top↑
BACK | someday for somebody | NEXT